2014/09/19

白山日帰り登山 2014/09/10 4:大汝峰

白山日帰り登山 2014/09/10 3:トンビ岩コース の続きです。

室堂に到着したのは10:50。別当出合を出発したは5:45分だったので、今回は室堂まで5時間5分かかりました。そして休憩後、室堂を出発したのが11:32分なので、あれ?40分近くも休んでいたようです。僕は、がっつり山食を楽しむタイプではないので、長かったトンビ岩コースに疲れてボーっとしてたのかな(笑)

さてさて、御前峰に向かう道をお池めぐりの方にそれて、大汝峰に向かいます。
11:36 お池めぐりコースへ
11:47 御前峰に向かう道とは違った角度も良いですね

しばらく進むこと約30分。室堂からは見えなかった大汝峰、千蛇ヶ池も見えてきます。こういう風に、今まで見えていなかった風景が、パッと目の前に飛び込んでくる瞬間って、ほんと疲れが吹き飛びますね。一瞬ですが(笑)
12:02 大汝峰が見えてきた
12:04 千蛇ヶ池

そして、お池めぐりコースの御前峰に向かう道を曲がらず直進し、大汝峰の麓に到着です。室堂から約45分。他の投稿で何度か触れてきましたが、僕は高所恐怖症なので、個人的には十分急なガレ場の登りを目にして少しひるみますが、ここまで来るとやはり「登ってみたい…行けるとこまででも慎重に!」という思いが勝りますね。意を決して登り始めます。
12:17 大汝峰の麓
12:22 ガレ場
12:28 山頂が近付いてきました
12:30 あれ?登ってきた道が…と一瞬不安になるも
初めての高度と角度から見る御前峰と剣ヶ峰に目を奪われます

進行方向を示すガレ場の赤いペンキを確実に確認し、次の一歩を注意して踏み出し進むこと約17分。とうとう大汝峰の頂上につきました~。登っている時は長ーく感じたんですが、意外と短い時間で登れるんですね。

そして、大汝峰の頂上は、ネットで見たりした通り、とても広く気持ちのいい場所でした。 登って来て、本当に良かった~。
12:36 大汝神社
12:37 大汝峰山頂
12:38 御前峰方面のパノラマ 素晴らしい景色
12:41 山頂から少し岐阜県側に下りてもこんな広いところが!
12:55 大汝峰頂上を背にして大汝小屋

初めて登った大汝峰の頂上は、平日と言う事もあるんでしょうが、本当に人も少なく、開放感が本当に良かったです…が、ひとつだけ心に引っかかった事が…。

僕が山頂に到着した時、男性がお二人だけいたんですが、そのお二人が山頂の標識の前でずーっとお喋り。やっぱり山頂に来たら、標識や神社の周りをゆっくり撮影したいので、何とかその男性二人が写らないように遠巻きに写真を撮っているも、やっぱり気にせずお喋り。たまたま横を通り過ぎると、白山を含め山をよく知ってらっしゃる風の方が「昔は、うんぬん」、もう一人が「なるほど…」みたいな内容…。

僕が、ちょっと写真を撮りたいのでとお願いすれば良かったのかもですが、自分だったらスッと移動するもんじゃないかなぁと思ったし、ここは譲り合いの精神が大事な場面じゃないかなぁと、ちょっと複雑な気持ちになりました。

そんな事もありつつも、もっとゆっくり見て回りたかったのですが、室堂に戻る時間、室堂からの下山時間を考えて、約20分で山頂を後にしました。


最後にコースタイムのまとめです。時間は、デジカメの撮影時間を元にしています。(区間の歩行時間/累積の歩行時間/累積の行動時間)

登り
05:45 別当出合 発
06:26 中飯場 着(41分/41分/41分)
 休憩 10分
06:36 中飯場 発
07:11 別当覗 通過(35分/1時間16分/1時間26分)
07:52 甚ノ助避難小屋 着(41分/1時間57分/2時間07分)
 休憩 15分
08:07 甚ノ助避難小屋 発
08:28 南竜道分岐 通過(21分/2時間18分/2時間43分)
09:05 南竜山荘 着(37分/2時間55分/3時間20分)
 休憩 07分
09:12 南竜山荘 発
10:19 トンビ岩 着(1時間07分/4時間02分/4時間34分)
 休憩 06分
10:25 トンビ岩 発
10:50 室堂 着(25分/4時間27分/5時間05分)
 休憩 42分

室堂から大汝峰
11:32 室堂 発
12:17 大汝峰麓 通過(45分/5時間12分/6時間32分)
12:34 大汝峰山頂 着(17分/5時間29分/6時間49分)

12:55 大汝峰山頂 発
13:06 大汝峰麓 通過(11分/11分/11分)
13:32 室堂 着(26分/37分/37分)
 休憩 19分

下り
13:51 室堂 発
14:02 五葉坂下 通過(11分/11分/11分)
 エコーラインへ
14:54 南竜道分岐 通過(52分/1時間3分/1時間3分)
15:07 甚ノ助避難小屋 着(13分/1時間16分/1時間16分)
 休憩 12分
15:19 甚ノ助避難小屋 発
15:44 別当覗 通過(25分/1時間41分/1時間53分)
16:09 中飯場 着(25分/2時間06分/2時間18分)
 休憩 10分
16:19 中飯場 発
16:48 別当出合 着(29分/2時間35分/2時間57分)

んんん、休憩時間等を含めて、コースタイムを見易くまとめるのって、難しいなぁ。何か標準的な書き方があるのかな???

今回は、往復約16キロ、総歩行時間約8時間40分、総行動時間約11時間。今回もよく歩いた&無事に帰ってこれて、本当にいろんな事に感謝。

7~8年前に白山に登っていた時は、本当に下りで膝痛に悩まされたけど、今回はトレッキングポールも使わず(そんなに荷物もないし、やっぱり自分の足で白山は往復したかった)、下り時間も休憩含め3時間内は初だったので、嬉しかったぁ。

より速く!という時間にこだわる訳ではないですが、すこしでも速く移動できれば、より山頂や立ち止まって風景を楽しめますしね。勿論、安全が第一!

さてさて、次はいつ行こう…って、この記事を書くのが遅くなったので、もうすでにまた白山に行って来てるんですけどね(笑)

関連記事
白山日帰り登山 2014/09/10 1:別当出合から甚ノ助避難小屋
白山日帰り登山 2014/09/10 2:南竜道分岐から南竜
白山日帰り登山 2014/09/10 3:トンビ岩コース
白山日帰り登山 2014/09/10 4:大汝峰

2014/09/13

白山日帰り登山 2014/09/10 3:トンビ岩コース

白山日帰り登山 2014/09/10 2:南竜道分岐から南竜 の続きです。

南竜山荘を右手み見ながら進むとトンビ岩コースとなります。ちょっと急だと言われている岩場はどこら辺からだろうと進むと…
09:12 室堂まで1.7キロ

目の前にドーン!えっ!?ここを登って行くの!?!?
09:17 ここを登るの!?

と思ったら、左手にちゃんと山道がありました。南竜山荘を過ぎて、ここら辺の岩がやたら目についたので、そちらの方向ばかり見ていたら勘違いしたようです(汗)
09:18 こちらがルート

さて、しばらく行くと確かに少し急な岩場、ガレ場になってきました。危険な個所はないと思いましたが、ここまで下った分、黒ボコ岩コースの十二曲りと五葉坂分きっちり登ります(笑)
09:47 以前の五葉坂はこんな感じだったよな…
09:48 トンビ岩はどのくらいで着くんだろ?

トンビ岩コースは、下りに使う方が良さそうだとネットで見た気がしますが、僕は下りが苦手なので、ゆっくりでも登りの方が良いかなぁ…。

そして、確かに室堂までの時間はかかるけど、途中振り返ると見える南竜ごしの別山方面の景色はホント良い感じです!先週、別山に登ったばかりなので、よりその景色が神々しく見え何枚も写真を撮ってしまいました。まっ、良い小休憩にもなるんですけど(笑)
10:01 別山、神々しい!

そして、南竜を出て約1時間、大きな岩が見えてきて、おおおトンビ岩か!?と思ったら、違ってました…完全にトンビ岩と勘違いして、何故かジョジョにでも出てきそうな岩だなぁと、多めに写真を撮ったんだけど(笑)
10:12 大きな岩が見えてきた
10:15 この岩も何か名前があるのかな?
10:16 別山をいれてまたパノラマ(笑)

で、さらに5分ほどして、トンビ岩に無事到着です。別当出合から約4時間35分もかかってしまいました…。ところで、ネットでもチラホラ見ましたが、どこがトンビなのか僕も分かりません(笑) しかし、ここは別山、御前峰とどちらも見回せるので、急な道を登ってきた疲れが少し癒されます。
10:19 トンビ岩到着
10:20 トンビ岩と別山
10:20 トンビ岩と御前峰

トンビ岩前の岩でも写真休憩をしてしまったので、トンビ岩は周りを5分ほどうろうろして、室堂へ出発です!あっその前に、別山方面のパノラマをもう一枚(笑)
10:23 別山方面のパノラマ 右手は弥陀ヶ原かな

トンビ岩からは、道もかなり緩やかになり、これまで見たのとは違った御前峰を見ながら気持ちよく室堂に到着しました。
10:37 御前峰がどんどん近づいてきます
10:44 室堂はすぐそこ

それにしても、室堂まで約5時間もかかってしまいましたが、天気も良く写真も沢山撮れたので大満足です!さて、室堂で休憩して、大汝峰へ向かおう!

つづく

関連記事
白山日帰り登山 2014/09/10 1:別当出合から甚ノ助避難小屋
白山日帰り登山 2014/09/10 2:南竜道分岐から南竜
白山日帰り登山 2014/09/10 3:トンビ岩コース
白山日帰り登山 2014/09/10 4:大汝峰

白山日帰り登山 2014/09/10 2:南竜道分岐から南竜

白山日帰り登山 2014/09/10 1:別当出合から甚ノ助避難小屋 の続きです。

チブリ尾根を何度も何度も振り返りながら(笑)、南竜道との分岐に08:30頃到着しました。別当出合から約2時間45分。
08:21 別山とチブリ尾根
08:29 南竜道分岐

さてここは、軽く立ち止まって写真を数枚撮って、南竜ヶ馬場に向かいます。おっと、その前に、別山方面をパノラマで撮っておこう(笑)
08:32 天気も良いし見晴らし最高

途中でまた別山方面をパノラマ(笑)
08:50 また別山方面のパノラマ 良い形だなぁ

南竜道分岐から歩くこと約20分、エコーラインとの分岐に到着です。うん?別山まで5.3キロ…こっちからも行ってみたいなぁ。
08:53 エコーライン分岐

エコーライン分岐からは、さらに緩やかな道を下って行き約10分で南竜山荘のあるところに到着です。別当出合からは約3時間20分。ここまでの道は、下りも含め緩やかなので、本当に気持ち良かったです。その分も含め後から登るんですけど(笑)
09:02 南竜が見えてきました
09:05 もうすぐそこ
09:05 南竜到着

エコーラインは下りも含め何回か利用し、南竜あたりの風景は遠めに見て、何とも言えない良い雰囲気だなぁと思ってましたが、近づいていくにつれて、本当に 良い雰囲気度が増しました。いつかは、山荘かキャビンで泊って、もっと白山を楽しみたいですね。何と言ってもトイレも綺麗すぎでした!

さて、南竜周辺は心地よすぎるので、居ればいるほど動きたくなくなります(笑) 10分ほど休憩をして、トンビ岩コースから室堂に向かいます。室堂まで約1.7キロ。

つづく

関連記事
白山日帰り登山 2014/09/10 1:別当出合から甚ノ助避難小屋
白山日帰り登山 2014/09/10 2:南竜道分岐から南竜
白山日帰り登山 2014/09/10 3:トンビ岩コース
白山日帰り登山 2014/09/10 4:大汝峰

白山日帰り登山 2014/09/10 1:別当出合から甚ノ助避難小屋

先々週(2014/08/29)の御前峰からお池めぐり、先週(2014/09/04)の別山と続いて、三週連続で白山へ。いや、このブログには投稿してないけど、08/19にも御前峰に登っているので四週連続の白山。7, 8年ぶりに行きはじめた白山、またしっかりハマってしまいました(笑)

ちなみに今回は、御前峰はパスして、先々週のお池めぐり中に見上げた大汝峰頂上を目標、コースは初のトンビ岩コースを歩いてみました。

僕は仕事柄、平日に白山登山に行けるので、今回も別当出合まで車で行き、一般駐車場手前の駐車スペースに車を停めます。前回より15分ほど遅く到着しただけなのに、停まっている車が多かったなぁ。
05:31 別当出合手前の駐車スペース

別当出合で登山届を出し、吊橋を渡って、今回も砂防新道で登山開始です。高所恐怖症なので、約4週間前に久しぶりに渡った時は怖かったけど、3回目ともなると怖さはほとんど無くなりました(笑)
05:45 別当出合吊橋

砂防新道を入るとすぐの少し急な石段はゆっくりゆっくり登り、さらに進むこと約40分、中飯場に到着です。
06:02 石段途中
06:26 中飯場
06:29 秋の空ですね

中飯場で10分ほど休憩して、進むこと約36分別当覗、そして別当出合から約2時間5分、中飯場からは約1時間15分で甚ノ助避難小屋に到着です。
07:11 別当覗
07:33 日差しが気持ち良い
07:52 甚ノ助避難小屋

甚ノ助小屋からは、先週登った別山までのチブリ尾根と避難小屋が見えますねー。先週は、あの尾根を歩いてたのかぁ?としばし感慨にふけります。
07:53 甚ノ助避難小屋からチブリ尾根と避難小屋

チブリ尾根は、名前の可愛らしい響き?に反して、地味ぃで長ぁい山道だったので、今度はいつ来るかなぁと思いましたが、こうして改めて見ると、また行こうと思うのが不思議ですね。まっ最近まで、どれが別山かも分かってなかったんですけど…(笑)

おっ?甚ノ助からは、黒ボコ(ですよね?)も見えたんですね。 何回も登って見えてくる新しい発見が嬉しいです…いや、もうちょっと下調べしとけよって感じですが…(笑)
08:04 甚ノ助避難小屋から黒ボコ岩

別山方面ばかりを眺めてたら、15分も休憩してしまいました(汗) 今日は、いつもより距離が長めのトンビ岩コースを行く予定なので、08:07出発です。

つづく

関連記事
白山日帰り登山 2014/09/10 1:別当出合から甚ノ助避難小屋
白山日帰り登山 2014/09/10 2:南竜道分岐から南竜
白山日帰り登山 2014/09/10 3:トンビ岩コース
白山日帰り登山 2014/09/10 4:大汝峰

2014/09/09

上小池駐車場

福井県から三ノ峰、別山への登山口に向かうための上小池駐車場の地図。

福井県大野市のホームページによると、以下の地図の上小池駐車場には約40台、少し手前の小池公園駐車場には約30台が駐車できるとのこと。

Google マップ


各数値のまとめ
  • 経度緯度(60進数):36°04'00.3"N 136°42'56.5"E
  • 経度緯度(10進数):36.066750, 136.715694
  • マップコード:791536546*44

その他
トイレあり。水場もありましたが、飲めないようです(2014年9月9日)。


別山は先週(2014年9月5日)、石川県の市ノ瀬から初めて登ったけど、こちらからも登ってみたいなぁ。刈込池の紅葉も素晴らしそう。

2014/09/05

別山日帰り登山 2014/09/04 1:チブリ尾根避難小屋から別山

市ノ瀬から別山 日帰り登山 その1の続き、チブリ尾根避難小屋を出たところからです。

避難小屋を出ると一旦下るので、あっという間に、小屋が小さく…むむむ、帰りもここで登るんですね…。それにしても、チブリ尾根避難小屋からはホントに辛かった。
10時07分 チブリ尾根避難小屋を振り返る

避難小屋を出てから雨がちらほら降り始め、もともと強かった風もさらに強くなり、さらに見上げてもガスに包まれ先が見えない急登を登り続けること約2時間…。
10時40分 先の見えない登り
11時3分 先の見えない登り

やっと御舎利山に到着です。猿壁からだと約5時間40分。市ノ瀬からだと6時間近くですね…。案内板が崩壊してて、別山までの距離が分からないんですけど(泣)
11時28分 御舎利山

御舎利山の山頂で、さらに風が強くなり迷ったんですが、少し進むと南竜ヶ馬場、別山・三ノ峰方面への標識が見えたので、そこまで下りました。御舎利山あたりから遮るものがなくなり、さらに強くなる風に、あと500メートルの別山頂上まで行こうかどうか?本当に迷った場所でした。ここに来るまで、全く人に会っていないので、不安も増してましたし…。
11時37分 別山まで500メートル

しかし、数分迷いに迷って、慎重に別山頂上に向かうことに! 眺望を期待していた御舎利山~別山への稜線を結局風と戦いながら歩くこと数分…。おっ!おっ!
11時50分 別山頂上近し

終に、猿壁から約6時間10分、市ノ瀬からだと約6時間半、別山山頂です!しんどかったけど、来れて良かったぁ!しかし、本当に風が強く視界が悪く、帰りが心配なので、ここまで来れた事への感謝と無事の下りをお参りして、早速下山です。
11時56分 別山神社
11時56分 別山頂上
11時56分 別山頂上

そして、何とかチブリ尾根避難小屋に戻ったのが13時20分頃、遅めの昼食をとっていると、小屋の外から熊鈴の音がして、これまた単独の男性でした。その1でも書きましたが、この日は、ホントに誰とも会っていなかったので、さらに何か安心をした瞬間でした。しかし結局、今日会ったのは一人…あまり人が多いのもなんですが、10時間超の山道で人に全然会わないのもホント不安になりますね。


最後にコースタイムのまとめです。時間は、デジカメの撮影時間を元にしていて、休憩時間も含みます。

登り
05時30分 市ノ瀬
05時50分 猿壁 (区間 約20分/累積 約20分)
07時05分 水飲場 (区間 約1時間15分/累積 約1時間35分)
07時55分 眺望の良い場所 (区間 約50分/累積 約2時間25分)
09時35分 チブリ尾根避難小屋 (区間 約1時間40分/累積 約4時間5分)
11時28分 御舎利山 (区間 約1時間53分/累積 約6時間)
11時53分 別山頂上 (区間 約25分/累積 約6時間25分)

下り
12時00分 別山頂上
13時20分 チブリ尾根避難小屋 (区間 約1時間20分/累積 約1時間20分)
15時04分 眺望の良い場所 (区間 約1時間44分/累積 約3時間4分)
15時40分 水飲場 (区間 約36分/累積 約3時間40分)
16時50分 猿壁 (区間 約1時間10分/累積 約4時間50分)
17時20分 市ノ瀬 (区間 約30分/累積 約5時間20分)

往復約20キロ、標高差約1600メートル、往復行動時間約12時間。下りの水飲場から猿壁まで、登りと比べてたった5分。自分は極端に下りが遅い方だけど、相当疲れてたのが伺えますね(汗)

またネットで見ると、今の自分では信じられない時間で往復してらっしゃる方を多く見ますが、 今の自分には、晴れててもこの位が限界だろうな…。晴れた別山を求めて、また頑張ってみたい気もするけど、次はやっぱり別当出合から登ろうかな…来週にでも(笑)

関連記事
別山日帰り登山 2014/09/04 1:市ノ瀬からチブリ尾根避難小屋
別山日帰り登山 2014/09/04 1:チブリ尾根避難小屋から別山