2014/12/20

医王山 スノーシュー 2014/12/19 前編:しがらくび~白兀山

医王山 スノーシュー 2014/12/19 前編:見上峠~しがらくび の後編です。

しがらくびから登山道へ入ると、しばらくは夏道のトレースがついていますが、しばらくすると恐らく夏道を逸れたトレースが伸びていました…どこからか逸れたのかは分かりません(笑)

しがらくび
12:03 しがらくび

まだ雪が十分積もっていないので、所々で要藪漕ぎですが、進むにつれて少しづつ視界が開け、樹氷やエビのしっぽに囲まれた神秘的な森歩きに変わっていきます。しかもどんどん天気も青空になっていくので気分は最高です!

医王山 木々にも雪が目立ち始める
12:23 木々にも雪が目立ち始める
医王山 振り返って林道と金沢平野
12:29 振り返って林道と金沢平野
医王山 視界が開けてきて気分も盛り上がる!
12:38 視界が開けてきて気分も盛り上がる!
医王山 木々がさらに白く色づく!
12:43 木々がさらに白く色づく!
立山連邦と南砺市の田園風景
12:54 立山連邦と南砺市の田園風景

前山の手前あたりまで、先行者のトレースのおかげで何とかツボ足で登ってきましたが、ここでトラブル発生!なんとトレッキングポールのバスケットが無いのに気づき、20メートルから30メートルほど後退して発見!ホッ。

しかし、登山道に入ってからは林道とは違い少しでもトレースを外すと流石にツボ足では深く体が沈む箇所もチラホラで、スノーシューを履くか…かなり迷いますが…やっぱりツボ足で行けるとこまで行ってみようと思い前山へ。行ったり来たり、写真を撮ったりで、しがらくびから約50分もかかってしまいましたσ^_^;

それにしても、前山からの景色は最高です!そして、白兀山はもう目の前に見えているのですが、ここまで少し時間がかかったし…ツボ足は止めて、ここでやっと「モンベル(mont‐bell) スノーポン M」装着です!履くか履かないかでかなり迷いましたが(笑)

前山から金沢方面
12:56 前山から金沢方面
前山から白兀山方面
12:58 前山から白兀山方面

スノーシューを履くと踏ん切りがついたのか?なんの?(笑) もくもくと進み、無事白兀山に到着しました~♪ しがらくびから1時間15分、見上峠からだと約2時間45分。

白兀山
12:59 いざ白兀山へ
医王山 エビのしっぽ
13:01 エビのしっぽ
白兀山
13:19 白兀山到着
白兀山 案内板の埋まり具合
13:20 案内板の埋まり具合
白兀山 展望台と祠
13:20 展望台と祠

そして、時間も時間なので、少しだけ白兀山の山頂で、ふかふかの雪をスノーシューで堪能して、下りました。

奥医王山とかすかに白山?
13:23 奥医王山とかすかに白山?
前山と金沢平野
13:26 雪原のトレースが美しい!
自分が付けた訳じゃないけど(笑)
前山と金沢平野
13:27 引きでも♪
医王山 エビのしっぽ
13:29 エビのしっぽとうろこ雲
なんか冬のひまわりのよう♪
医王山 モンスターなりかけ?
13:31 モンスターなりかけ?
医王の里
15:25 医王の里でご飯を食べてるとキャタピラの正体が!
キャタピラ車欲しい(笑)
医王の里 あずまや
15:35 あずまやからの好きな風景
医王の里
15:42 日も傾いてきたので帰ります

ちなみに、自分のスノーシューは平地用の「モンベル(mont‐bell) スノーポン M」ですが、急な下りはジグザグに下りれば何とかなりそうだし次回はもっと早めに装着して登りでもいろいろ試してみたくなりました。白兀山経由で夕霧峠まで行ってみようかなぁ。

それにしても、天気も良くてホントに気持ちのいいスノーハイクでした!

医王山 スノーシュー 2014/12/19 前編:見上峠~しがらくび

天気図予報を見ていると、今週はこの日だけ一日中日本を高気圧が覆っているので、15日(月)の午後に引き続き医王山へ。

前々回の見上峠~夕霧峠の林道往復では、登り始めの時間が10:50と少々遅く、途中からなんだかバタバタしてしまったなぁと感じていたので、今回は早めに登り始めようと早めに起きるも家でバタバタ…そして駐車場でもバタバタして…結局登り始めが10:33…17分しか早くなってない(笑)

まぁしかし、今回は見上峠~医王の里までのキャタピラ跡、前山までは先行者のトレースを使わせて頂き何とかツボ足で行動できたので、とりあえず白兀山まで往復できました…今の自分の足で、全編スノーシューだったらスピードはもっと遅かったろうし、次回こそはもっと早スタートしなければσ^_^;

見上峠
10:33 見上峠
キャタピラで踏み固められた医王の里までの林道
10:39 キャタピラで踏み固められた林道

キャタピラ跡がしっかりしているので、汗をあまりかかないように気をつけつつ約25分で医王の里到着。ちなみに、もちろんキャタピラの轍の中心に足を踏み入れると膝下位まで体が沈みます(笑)

医王の里 菅池(すげいけ)
10:54 医王の里 菅池(すげいけ)
医王の里 あずまや
10:58 医王の里 あずまや

医王の里の登山口?まで来るとキャタピラ跡は、そのまま田島園地の方まで伸びていましたが先はどこまでか分からず。とりあえず白兀山に向かうので、ここでスノーシューを履こうかなと思いつつも足跡を見ると皆さんツボ足っぽいので、自分もそのまま進みます。

医王の里 右手に駐車場がる場所
11:02 医王の里 右手に駐車場がる場所
医王の里、西尾平間の林道ショートカット支店
11:20 医王の里、西尾平間の林道ショートカット支店
11:26 前方に白兀山
白兀山ズーム!
11:31 白兀山ズーム!
11:33 右パンして夕霧峠~奥医王山方面ズーム!

西尾平が近付くにつれ、天気もよくなり気持ち良く医王の里から歩くこと約40分、西尾平に到着。そして最初に前山までツボ足でと書いた通り、しがらくびまでもそのままツボ足で。西尾平からしがらくびは約25分でした。

西尾平
11:39 西尾平
しがらくび
12:05 しがらくび
しがらくび案内板の埋まり具合
しがらくび案内板の埋まり具合(帰りに撮影)

ちなみに、自分のスノーシューは「モンベル(mont‐bell) スノーポン M」、平地向け&まだスノーシュー歩きも数回で、前々回来た時にもこのしがらくびから登山道への登りでちょっと苦戦したので、ツボ足で登山道まで登ってみると、これまた何とかそのまま行けそうだったので、行ける所まで行ってみよう!という感じで、白兀山まで向かいました。

今回は、ここから写真の量がグッと増えた(笑)ので、前編後編に分けます。と言う訳で、後編に続く

2014/12/15

医王山 スノーシュー 2014/12/15 見上峠~医王の里

週間天気予報を見ていると、今週の金沢は今日の午後しか晴れてなさそうなので、医王山を少しだけスノーシュー。

医王の里 菅池(すげいけ)
15:18 医王の里 菅池(すげいけ)
医王の里 菅池(すげいけ)
15:25 医王の里 菅池(すげいけ)
見上峠の池
16:15 見上峠の池

秋山まで、デジタル一眼(CANON EOS Kiss X4)のオートでいつも撮影(笑)していた風景写真。雪景色を撮影し始めると、オートでは中々気にいった写真が撮れないので、露出やらホワイトバランスを変更して同じ場所を何枚も撮影してるんだけど、中々難しい…そして楽しい(笑)

2014/12/11

医王山 スノーシュー 2014/12/10 見上峠~夕霧峠

先日購入した「モンベル(mont‐bell) スノーポン M」で、医王山の見上峠~夕霧峠までの林道をハイキング!

日曜に下見がてら往復した見上峠~医王の里区間は除雪されていたし、しがらくびまではトレースもしっかりしていて、下ってくる人の話だと、しらがくびまではつぼ足でも問題ないとの事でしたが、今回はスノーポンを手に持ってスタートしたので、途中で持っているのに疲れ(笑)、医王の里と西尾平の中間地点でスノーポンを装着しました。

医王山

医王山

医王山

夕霧峠

夕霧峠からの立山連邦と南砺市の風景

夕霧峠からの立山連邦と南砺市の風景

医王山

医王山

林道とはいえ、初めて本格的に歩く雪の医王山、夕霧峠からの雪に覆われた立山連邦と南砺市の田園風景は最高でした!またしばらく天気が悪そうだけど、次はいつ行けるかなぁ。

ちなみにこちらは、夕霧峠でのスノーポンのごぼり(金沢弁:笑)具合

2014/12/09

風嵐ゲートと取立山国道沿い駐車場の様子

12月2日に閉じられた白山公園線の風嵐ゲート。ゲートの奥も除雪されてる…どこまでだろ?


と、国道157号線沿いの東山いこいの森駐車場。



雪!雪!雪!でした。