2014/09/25

白山日帰り登山 2014/09/17 3:大汝峰から御前峰

白山日帰り登山 2014/09/17 2:殿ヶ池避難小屋から室堂 の続きです。

今回は、大汝峰、御前峰の順に登りたかったので、室堂で15分ほど休憩して、早速出発です。 御前峰の頂上に向かう道をすぐ左に曲がり、お池めぐりコースに向かいます。

10:21 KOMATSUの重機に、お参りしてる気分(汗)
10:26 お池めぐりコースとの分岐から室堂
秋色めいてきています
10:54 室堂と別山

室堂を出発してから約40分弱、千蛇ヶ池の横を通り過ぎ、さらに10分ほど歩くと、大汝峰の麓に到着です。室堂からは約50分ですね。

11:00 千蛇ヶ池と大汝峰
11:08 大汝峰の麓

高所恐怖症の僕ですが、大汝峰には先週も登ったので、今回は難なく登れました…だからと言って、高所恐怖症が無くなった訳ではないんですけど…(笑)

11:22 ガレ場

しかし、この日は、8月のお盆明けから5回目の白山になりますが、風も殆ど無く、一番暖かかったです。フリースを出さなかったのは初めてかなぁ?気持ち良い天候に、本当に感謝です!

11:32 大汝峰頂上
11:32 大汝神社



大汝峰の頂上は広く、御前峰に比べて人も格段に少ないので、ここでお昼をすまし、景色をたっぷり楽しんで、御前峰に向かいます。

11:35 大汝峰山頂
11:35 大汝峰山頂からパノラマ

大汝峰を下りて約20分弱、御前峰の岐阜県側の麓に到着。ここからまたガレ場を登って、御前峰の頂上に向かいます。大汝峰ほど急な個所もなく安全だし、その日の体調?気分によっては、室堂側から登るより、こちらから登る方が楽かなぁとも思います。麓から頂上までの時間も30分程でした…まっ、室堂からと違って、ここまで来るのにも小1時間はかかるんですけど(笑)

12:22 御前峰の麓
12:48 剣ヶ峰と紺屋ヶ池
12:56 そろそろ御前峰頂上
12:57 御前峰頂上

しかし、この日は本当に天気が良く、気持ちの良い山行でした。初めて一日で、大汝峰、御前峰を回れたのも大満足!で、帰りは、黒ボコから砂防新道を下りました。今日も無事に白山を楽しめて、感謝です!


最後にコースタイムのまとめです。時間は、デジカメの撮影時間を元にしています。(区間の歩行時間/累積の歩行時間/累積の行動時間)

登り
05:56 別当出合
06:20 別当出合から1キロ地点(24分/24分/24分)
07:15 別当坂分岐(55分/1時間19分/1時間19分)
07:48 仙人窟(33分/1時間52分/1時間52分)
08:35 殿ヶ池避難小屋(47分/2時間39分/2時間39分)
 休憩 12分
09:15 馬のたてがみ(28分/3時間07分/3時間19分)
09:32 蛇塚(17分/3時間24分/3時間36分)
09:40 黒ボコ岩(8分/3時間32分/3時間44分)
10:04 室堂(24分/3時間56分/4時間08分)
 休憩 17分

室堂~大汝峰~御前峰~室堂
10:21 室堂
11:08 大汝峰麓(47分/47分/47分)
11:31 大汝峰頂上(23分/1時間10分/1時間10分)
 休憩 21分
12:05 大汝峰麓(13分/1時間23分/1時間44分)
12:27 御前峰麓(22分/1時間45分/2時間06分)
12:56 御前峰頂上(29分/2時間14分/2時間35分)
 休憩 9分
13:36 室堂(31分/2時間45分/3時間06分)
 休憩 15分

下り

13:51 室堂
14:04 五葉坂下(13分/13分/13分)
14:48 南竜道分岐(44分/57分/57分)
15:05 甚ノ助避難小屋(17分/1時間14分/1時間14分)
 休憩 12分
16:13 中飯場(46分/2時間/2時間12分)
16:44 別当出合(31分/2時間31分/2時間43分)

この日の登山記事
関連記事

2014/09/24

白山日帰り登山 2014/09/17 2:殿ヶ池避難小屋から室堂

白山日帰り登山 2014/09/17 1:別当出合から殿ヶ池避難小屋 の続きです。

殿ヶ池避難小屋からは、ジグザグな登り(真砂坂?)、馬のたて髪…何が「馬のたて髪」かよく分かりませんが(汗)…と、振り返るとこれまで登ってきた観光新道全体の様子がさらにわかる素晴らしい景色を楽しめます。

急な坂が続きますが、振り返る度に数秒立ち止まって写真を撮ったり、景色を楽しんだりと、小刻みに休んでは登るといった感じで、それほどしんどい感じはありませんでした。

8:51 これまで登ってきた道が良く分かります
8:53 甚ノ助避難小屋で休憩している人達も見えます
8:53 工事中の殿ヶ池避難小屋も含めてパノラマ!
8:59 別山、チブリ尾根避難小屋、甚ノ助避難小屋
9:15 馬のたて髪
9:26 馬のたて髪から振り返った景色は最高!

そして、蛇塚を過ぎ、少し登ると黒ボコ岩に到着です。殿ヶ池避難小屋から約50分(別当出合から約3時間45分)。

9:32 蛇塚
9:40 砂防新道と合流
9:41 黒ボコ岩

そして、少しづつ秋色めいてきた弥陀ヶ原、五葉坂を過ぎ、室堂に到着です。殿ヶ池避難小屋から約1時間20分(別当出合から約4時間10分)。

9:42 弥陀ヶ原
9:47 弥陀ヶ原
9:48 五葉坂へ
10:02 五葉坂から弥陀ヶ原を振り返る
10:04 室堂到着

さてこの日は、大汝峰、御前峰の順に登ってみようと思うので、室堂で少し休憩して、出発です。

つづく

この日の登山記事
関連記事

白山日帰り登山 2014/09/17 1:別当出合から殿ヶ池避難小屋

8月のお盆明けから7、8年ぶりに行きはじめた白山。すっかりハマって、このブログに投稿していない山行も含めて5回目です(笑)

以前白山に行っていた頃は、下山時の膝痛に本当に悩まされていたけど、毎週のように行っているので体が山に慣れてきたのか?前回は膝痛も殆どなく、トレッキングポールも使わず日帰り出来たので、今回は、初めて白山に登った時に使った観光新道で登ってみました。

五葉坂が整備されていなかったら感じ方が違っていたかもですが、砂防新道では殆ど感じる事のない「何度も大きく足を持ちあげ、時折手を使って登った白山」、個人的に「あぁ、これが白山だよなぁ」と思いだし、楽しい山行でした。

さて当日ですが、5:56に別当出合(標高1,250m)を出発しました。

5:56 別当出合吊橋を右手に見ながら
5:56 観光新道の登山口へ

最初から急な登りが続きますが、今回はいつもより入念にストレッチをした効果か?割と体が軽いまま約25分で別当出合から1キロ地点に到着、そのまま通過。

6:21 別当出合から1キロ地点は通過

さらに歩くこと約55分(別当出合から約1時間20分)で、別当出合から2キロ地点の白山禅定道との分岐点でもある別当坂分岐(標高1,680m)に到着しました。しかし、市ノ瀬からだとここまで6.1キロもあるんですね!長いけど、いつかは歩いてみたいなぁという気持ちが膨らむのも不思議です(笑)

7:15 別当坂分岐

これまで森の中を歩いてきましたが、ここでは眺望が開けて気持ちが良いので、5分ほど景色を楽しみながら立ち休憩して、別当坂の階段を登り歩くこと約30分(別当出合から約1時間50分)仙人窟(いわや)に到着しました。

7:48 仙人窟(せんにんいわや)

まだまだ急な登りは続きますが、別当坂あたりからは特に、砂防新道とは違った開けた眺望を楽しみながら歩けます。ここら辺が観光新道の由縁なのでしょうか?

あっ!眺望が良いと言っても、あくまでも目線は上に!です。目線を下に向けると、砂防新道からよりも別当谷の工事の様子が分かるので、ちょっと興ざめします…うーん、しかしあの道を車で通ってみたい(笑)

7:48 工事に来てる人の車が沢山見える

ちなみに、仙人窟(いわや)は、別当出合から3キロ、室堂まで3キロの地点です。少し写真を撮って、さらに開けた景色を楽しみながら、殿ヶ池避難小屋に向かいます。

7:49 仙人窟(いわや)を出発
7:55 何か名前があるのかな?
7:55 ズーム!
8:04 歩いてきた尾根、良い景色だぁ
8:11 右手には甚ノ助避難小屋が見えます
8:11 見上げると殿ヶ池避難小屋が見えてきた

仙人窟(いわや)を出発してから約43分(別当出合から約2時間23分)、殿ヶ池避難小屋に到着です。と言っても、避難小屋は工事中なので、仮設のハウスが休憩用に設置されており、お隣にはトイレもあります。ここまで、数分の立ち休憩で来たので、温まっている体が冷えない程度に長めの休憩をして、黒ボコ岩に向かいます。

8:49 避難小屋の工事の様子と仮設のハウス
8:50 室堂まであと2キロ

つづく

この日の登山記事
関連記事

2014/09/19

白山日帰り登山 2014/09/10 4:大汝峰

白山日帰り登山 2014/09/10 3:トンビ岩コース の続きです。

室堂に到着したのは10:50。別当出合を出発したは5:45分だったので、今回は室堂まで5時間5分かかりました。そして休憩後、室堂を出発したのが11:32分なので、あれ?40分近くも休んでいたようです。僕は、がっつり山食を楽しむタイプではないので、長かったトンビ岩コースに疲れてボーっとしてたのかな(笑)

さてさて、御前峰に向かう道をお池めぐりの方にそれて、大汝峰に向かいます。
11:36 お池めぐりコースへ
11:47 御前峰に向かう道とは違った角度も良いですね

しばらく進むこと約30分。室堂からは見えなかった大汝峰、千蛇ヶ池も見えてきます。こういう風に、今まで見えていなかった風景が、パッと目の前に飛び込んでくる瞬間って、ほんと疲れが吹き飛びますね。一瞬ですが(笑)
12:02 大汝峰が見えてきた
12:04 千蛇ヶ池

そして、お池めぐりコースの御前峰に向かう道を曲がらず直進し、大汝峰の麓に到着です。室堂から約45分。他の投稿で何度か触れてきましたが、僕は高所恐怖症なので、個人的には十分急なガレ場の登りを目にして少しひるみますが、ここまで来るとやはり「登ってみたい…行けるとこまででも慎重に!」という思いが勝りますね。意を決して登り始めます。
12:17 大汝峰の麓
12:22 ガレ場
12:28 山頂が近付いてきました
12:30 あれ?登ってきた道が…と一瞬不安になるも
初めての高度と角度から見る御前峰と剣ヶ峰に目を奪われます

進行方向を示すガレ場の赤いペンキを確実に確認し、次の一歩を注意して踏み出し進むこと約17分。とうとう大汝峰の頂上につきました~。登っている時は長ーく感じたんですが、意外と短い時間で登れるんですね。

そして、大汝峰の頂上は、ネットで見たりした通り、とても広く気持ちのいい場所でした。 登って来て、本当に良かった~。
12:36 大汝神社
12:37 大汝峰山頂
12:38 御前峰方面のパノラマ 素晴らしい景色
12:41 山頂から少し岐阜県側に下りてもこんな広いところが!
12:55 大汝峰頂上を背にして大汝小屋

初めて登った大汝峰の頂上は、平日と言う事もあるんでしょうが、本当に人も少なく、開放感が本当に良かったです…が、ひとつだけ心に引っかかった事が…。

僕が山頂に到着した時、男性がお二人だけいたんですが、そのお二人が山頂の標識の前でずーっとお喋り。やっぱり山頂に来たら、標識や神社の周りをゆっくり撮影したいので、何とかその男性二人が写らないように遠巻きに写真を撮っているも、やっぱり気にせずお喋り。たまたま横を通り過ぎると、白山を含め山をよく知ってらっしゃる風の方が「昔は、うんぬん」、もう一人が「なるほど…」みたいな内容…。

僕が、ちょっと写真を撮りたいのでとお願いすれば良かったのかもですが、自分だったらスッと移動するもんじゃないかなぁと思ったし、ここは譲り合いの精神が大事な場面じゃないかなぁと、ちょっと複雑な気持ちになりました。

そんな事もありつつも、もっとゆっくり見て回りたかったのですが、室堂に戻る時間、室堂からの下山時間を考えて、約20分で山頂を後にしました。


最後にコースタイムのまとめです。時間は、デジカメの撮影時間を元にしています。(区間の歩行時間/累積の歩行時間/累積の行動時間)

登り
05:45 別当出合 発
06:26 中飯場 着(41分/41分/41分)
 休憩 10分
06:36 中飯場 発
07:11 別当覗 通過(35分/1時間16分/1時間26分)
07:52 甚ノ助避難小屋 着(41分/1時間57分/2時間07分)
 休憩 15分
08:07 甚ノ助避難小屋 発
08:28 南竜道分岐 通過(21分/2時間18分/2時間43分)
09:05 南竜山荘 着(37分/2時間55分/3時間20分)
 休憩 07分
09:12 南竜山荘 発
10:19 トンビ岩 着(1時間07分/4時間02分/4時間34分)
 休憩 06分
10:25 トンビ岩 発
10:50 室堂 着(25分/4時間27分/5時間05分)
 休憩 42分

室堂から大汝峰
11:32 室堂 発
12:17 大汝峰麓 通過(45分/5時間12分/6時間32分)
12:34 大汝峰山頂 着(17分/5時間29分/6時間49分)

12:55 大汝峰山頂 発
13:06 大汝峰麓 通過(11分/11分/11分)
13:32 室堂 着(26分/37分/37分)
 休憩 19分

下り
13:51 室堂 発
14:02 五葉坂下 通過(11分/11分/11分)
 エコーラインへ
14:54 南竜道分岐 通過(52分/1時間3分/1時間3分)
15:07 甚ノ助避難小屋 着(13分/1時間16分/1時間16分)
 休憩 12分
15:19 甚ノ助避難小屋 発
15:44 別当覗 通過(25分/1時間41分/1時間53分)
16:09 中飯場 着(25分/2時間06分/2時間18分)
 休憩 10分
16:19 中飯場 発
16:48 別当出合 着(29分/2時間35分/2時間57分)

んんん、休憩時間等を含めて、コースタイムを見易くまとめるのって、難しいなぁ。何か標準的な書き方があるのかな???

今回は、往復約16キロ、総歩行時間約8時間40分、総行動時間約11時間。今回もよく歩いた&無事に帰ってこれて、本当にいろんな事に感謝。

7~8年前に白山に登っていた時は、本当に下りで膝痛に悩まされたけど、今回はトレッキングポールも使わず(そんなに荷物もないし、やっぱり自分の足で白山は往復したかった)、下り時間も休憩含め3時間内は初だったので、嬉しかったぁ。

より速く!という時間にこだわる訳ではないですが、すこしでも速く移動できれば、より山頂や立ち止まって風景を楽しめますしね。勿論、安全が第一!

さてさて、次はいつ行こう…って、この記事を書くのが遅くなったので、もうすでにまた白山に行って来てるんですけどね(笑)

この日の登山記事
関連記事