2014/11/26

取立山 日帰り登山 2014/11/20

先日購入したスノーポンを試せないかと、取立山へ。

登山口から大滝方面へ向かって歩き出すと、大滝を過ぎた辺りから雪が目立ち始め、こっぷり山を目指す稜線では、積雪40センチくらい?になるも、しっかりトレースがついていたので、スノーポンの出番はなし囧rz いや、スノーポンを使っても十分楽しそうだったんだけど、付けたり外したりが面倒くさそうでσ^_^;

と言う訳で、やんわ~と雪の取立山ハイキングになったけど、頂上では、福井県三国からいらした御夫婦にコーヒーをご馳走になったり、お湯を沸かそうと思ったらガスを使わして頂いたり、いろいろお話しを聞かせて頂いたりと、とっても楽しい時間を過ごす事ができました♪ いつもは、そんなに長居しない頂上だけど、1時間くらいはいたんじゃないかなぁ。有難うございました!です。

それに、雪化粧した白山も最高に綺麗だったし、いつもとは違った満足感&充実感に満たされた登山でした!

取立山登山口
09:25 取立山登山口
取立山 大滝
09:45 大滝
取立山 大滝から0.5kmの標識
10:09 大滝から0.5km地点 雪が目立ち始める
こっぷり山へ向かう稜線
10:37 こっぷり山へ向かう稜線 積雪40センチくらい?
こっぷり山から雪化粧した白山
11:11 こっぷり山から雪化粧した白山
取立山避難小屋
11:28 取立山避難小屋
取立山山頂から白山方面
12:15 取立山山頂から白山方面のパノラマ
取立山山頂から雪化粧した白山
12:39 取立山山頂から雪化粧した白山
取立山山頂から雪化粧した別山
12:39 取立山山頂から雪化粧した別山
取立山(1307.2メートル)と雪化粧した白山
13:17 取立山(1307.2メートル)と雪化粧した白山

最後に、コースタイムです。時間は、デジカメの撮影時間を元にしています。(区間の歩行時間/累積の歩行時間/累積の行動時間)

登り
09:35 取立山登山口
09:47 大滝(12分/12分/12分)
11:11 こっぷり山(1時間24分/1時間36分/1時間36分)
11:28 取立山避難小屋(17分/1時間53分/1時間53分)
 休憩 約15分
12:08 取立山(25分/2時間18分/2時間33分)

下り
13:17 取立山
14:01 取立山登山口(44分/44分/44分)

雪は楽しめたけど、ちょっと距離的にもの足りないかなぁ…本格的なスノーシューハイクの時期は、登山口までの林道を車で登れず、歩かなくちゃいけない様なので、次回は県道沿いの駐車場から歩いてみよっかな。

ちなみに、夏用ザックにどう取り付けようか悩んでたスノーポン。自分が使っているザックは、ドイター フューチュラ38ACなので、背面ネットの隙間を利用して、百均のバンドでしっかり固定する事ができました。上のバンドさえ外せば、ザックの中にもアクセスできるので良い感じ!

ドイター フューチュラ38ACにスノーポン取り付け

2014/11/18

スノーポン購入

冬の低山ハイクに向けて気になっていたスノーシュー。今日の午後は、スポーツ店を回って色々試し履きしようと、まずは一番気になっていたスノーポンを見にモンベルへ。

たまたま話しかけた店員さんが、自分がまさにしたいような場所でスノーシューハイクをしてる方だったので、話を聞いていると徐々に気分が盛り上がり、試し履きしたら、もう気分が高ぶり過ぎて(笑)買ってしまった。購入したのはスノーポン M

モンベル スノーポン M

一応、モンベルに置いてあった他のスノーシューも試し履きしてみたけど、これは重量的にも軽かったし、クランポン(これに付属するのは、軽アイゼン)も持ってなかったので、両方の歩行も未経験の入門モデルとしては良いかなと…。戦略にハマってるのかな?(笑)

さて、夏用ザック(ドイター フューチュラ38AC)しか持ってないし、どーやって取り付けよう…。

ちなみに、トレッキングポールはシングルしか持ってないし、おそらく25年以上前のスキー用のストックを出してきたら、ゴム製の持ち手がネッバネバ(笑)になって、使うのは難しそうだった…。まぁ、使えたとしても、短くならない長いスキー用のストックをザックに付けるのは、さらに難しいか…。

あああ~。ダブルストックいるよな~。いやいや先にBC用ザック?いやいや、それよりまずは、どこの山行こう…などなど、並べたザックとスノーポンを見ながら、とりあえずニヤニヤしてます(笑)

2014/11/16

白山 市ノ瀬~別当出合ウォーキング?

午後から体がうずうず(?笑)して、今月14日に冬季通行止めになった市ノ瀬~別当出合間をウォーキング?往復10キロほどだったけど、気持ち良かった~。

時間が時間なだけに、すれ違ったのはスノーシューをザックにつけた人や、スキー(スノボ)でスルスル~と雪のあると所を下降していく人数名………

スキーはおいといて、とりあえず今週早々、市内のスポーツ店にスノーシューを見に回ろう(笑)

白山公園線 市ノ瀬から通行止め

白山公園線

白山公園線より別山方面

白山公園線

白山公園線より別山方面

白山公園線

別当出合

別当出合吊橋

2014/11/11

百四丈滝展望台 日帰り 2014/11/05 加賀新道、加賀禅定道

年内に、一度は直に見たいと思っていた百四丈滝。雪が無く、天気が良いと、ついつい別当出合~御前峰の定番コースに足が向いてしまっていたのですが、ネットで薄らと雪化粧をした白山を見かけるようにもなってきたので、本格的な雪になる前に!と、一里野温泉スキー場横の林道を登った加賀禅定道の登山口から、加賀新道、加賀禅定道を行き、百四丈滝展望台まで日帰りしてきました~。

完全夏山装備だったので、途中からの雪はちょっと大変だったけど、無事初めての百四丈滝を見れて大満足の一日でした。

加賀新道登山口
06:45 加賀新道(加賀禅定道)登山口
檜倉
06:48 檜倉

しかり場分岐まで?の加賀新道は、道幅がとても広いばかりか、時期が時期だけに、ふわふわの落ち葉の上をとても気持ち良く歩けます。ただ、ネットで事前に情報を得ていた通り、緩やかとはいえ序盤からアップダウンを繰り返すので、早くも帰りがちょっと不安にσ^_^;

加賀新道
06:53 加賀新道
木実谷頭
07:13 木実谷頭
加賀新道
07:38 だんだん霜が降りた落ち葉が目立ち始めます

緑の谷峠を過ぎた辺りから段々雪が目立ち始め、しかり場分岐の案内板は薄らとだけど雪の中。

緑の谷峠
07:48 緑の谷峠
しかり場分岐
08:12 しかり場分岐

しかり場分岐を過ぎて、しばらくするとトレースも無くなり、さらに雪が多くなってきたけど、稜線に出ると四塚山方面や北アルプス方面の素晴らしい景色でテンションも一気に上がり、まだまだ靴が完全に埋もれる程では無かったので、行ける所まで行ってみる事に。そして、登山口から歩くこと約3時間10分で、奥長倉避難小屋に到着。

加賀禅定道から四塚山方面
08:47 四塚山方面の素晴らしい景色
加賀禅定道から北アルプス
09:01 北アルプスが近い!
奥長倉避難小屋
09:55 奥長倉避難小屋

奥長倉避難小屋で10分ほど立休憩して、避難小屋の手前から見て見ぬふりをしていた(笑)美女坂へ!初めての美女坂で、しかも雪!ここもネットで事前に情報を得ていた通り、なかなかキツかったけど、何とか登り切り、小屋から出て約小一時間(登山口から約4時間23分)かかって、美女坂頭に到着!

奥長倉山
10:14 奥長倉山(標高1,171メートル)
美女坂
10:17 美女坂
美女坂
10:35 美女坂…雪が…
美女坂
11:04 美女坂…頭はまだ???
美女坂頭
11:08 美女坂頭!到着!

さて、百四丈滝展望台まではあと少し!キツかった美女坂を登り切って、少し長めに休憩したい気分だけど、登山口からここまで約4時間23分。辿って来た道は相当なアップダウンだったので、下りの時間がそんなに短縮できないだろうと思い、少し息を整えて、百四丈滝展望台へ進むこと約25分(登山口から約4時間48分)、展望台まで30メートルの標識の場所に到着です!

百四丈滝展望台まで30メートル
11:32 百四丈滝展望台まで30メートル

そして、本日誰も足を踏み入れていないだろう横道を進み、終に、百四丈滝とご対面~!

時期が時期だけに、氷壺はもちろん、紅葉もないけど、ここまで歩いてきた達成感と、滝壺の周りの薄らつもった雪も雰囲気が良く大満足の景色です!

百四丈滝
11:42 百四丈滝
百四丈滝
11:42 百四丈滝
百四丈滝展望台から北アルプス
11:42 立山、剱岳方面も近い!
百四丈滝
11:51 百四丈滝を引きで
百四丈滝
11:55 滝壺
百四丈滝展望台から四塚山方面
12:05 四塚山方面

足元は雪だったけど、この日の天気は穏やかで、いつまでも百四丈滝を見ていたかったし、ここでお昼にしたかったけど、先にも書いた通り、帰りもアップダウンを繰り返しながら徐々に下っていくので、時間もそれなりにかかるだろうと思い、展望台を後に…

まっ、お昼に出来なかったのは、予想外の雪の中、マットとか持ってきてなかったし、ゆっくりできる感じでもなかったというのもありますが(笑)

そんな訳で、下りの怖い雪の美女坂も無事に通過し、避難小屋で軽く休憩して、無事下山する事ができました~。

奥長倉避難小屋
13:20 帰りの奥長倉避難小屋にて
雪だるまを可愛くできる気力なし(笑)

ちなみに帰り、美女坂頭に着いたのが12:28で、避難小屋に着いたのが13:15なので所要時間47分。美女坂頭の標識には「奥長倉避難小屋まであと30分」の表示があったけど…自分の足では、雪が無かったとしても30分では中々難しそうな感じでした…。こういう時間の目安って、余裕を持ってある事が多いと思うんだけど、加賀禅定道の目安はかなりキツめなのかな?(笑)


最後にコースタイムとまとめです。時間は、デジカメの撮影時間を元にしています。(区間の歩行時間/累積の歩行時間/累積の行動時間)

登り
06:45 加賀新道登山口
06:48 檜倉(03分/03分/03分)
07:13 木実谷頭(25分/28分/28分)
07:48 緑の谷峠(35分/1時間03分/1時間03分)
08:12 しかり場分岐(24分/1時間27分/1時間27分)
09:55 奥長倉避難小屋(1時間43分/3時間10分/3時間10分)
 休憩 約10分

11:08 美女坂頭(1時間03分/4時間18分/4時間28分)
11:34 百四丈滝展望台(26分/4時間44分/4時間54分)

下り
12:05 百四丈滝展望台
12:28 美女坂頭(23分/23分/23分)
13:15 奥長倉避難小屋(47分/1時間10分/1時間10分)
 休憩 15分
14:52 しかり場分岐(1時間37分/2時間47分/3時間02分)
15:10 緑の谷峠(18分/3時間05分/3時間20分)
 木実谷頭…気づかず写真撮り忘れ(汗)
 檜倉の少し手前で、この日唯一会った下見に来た方と10分ほど立ち話
16:06 檜倉(56分/4時間01分/4時間26分)
16:09 加賀新道登山口(3分/4時間04分/4時間29分)

登りと下りの歩行時間を見て、相当アップダウンのきついコースだったなぁと改めて思いました。加賀新道の登山口の標識「室堂まで15.5km」と百四丈滝展望台の標識「室堂まで8.8km」を単純に計算すると片道6.7km、往復13.4kmと、別当出合から御前峰に登り、お池めぐりをして下山や、市ノ瀬から別山を往復するのより距離的には随分短くなると思いますが、今回の方がキツく感じました~。

ただ、百四丈滝は遠望とはいえ、一度は見ておく価値はあると思いました。あまり雪が多いと、経験不足の為、山に入れないけど、来年は、多少でも氷壺がある時に見に行きたいなぁ。

2014/11/01

白山 日帰り登山 2014/10/30 砂防新道で御前峰、お池めぐり

先週、「雪が積もる前の最後になっても良いように」と登った白山…天気予報やネットで情報を見ていると、まだ大丈夫そうだったので、今週も日帰りで白山に行ってきました。8月の終わりから数えて10回目(笑)

今回は(も)砂防新道から御前峰、そしてお池めぐりをしてきました。先週は別当覗の下あたりまで見ごろだった紅葉もすっかり終わってしまい、その点は残念でしたが、今年10回登った中で、おそらく初めて、一回もフリースや雨具を出す必要のない快晴&快適な天候で、とても気持ち良かったです!

06:29 別当出合 定番ショット
07:05 中飯場
08:45 十二曲がり 延命水の少し下
08:55 これまた定番の?弥陀ヶ原のショット

今回は、お池めぐりをしたかったので、休憩そこそこ、別当出合から歩くこと約2時間43分で室堂到着です。いやしかし、この時期に登られる方は皆さん速い!この日の登りでは、5人ほどの人(トレランの方ではない)を見たと思うのですが、最低でも4人にサクッと抜かれました。

ちなみに、ここまで自分の確認した限りでは、トイレは、別当出合夏用?と甚ノ助避難小屋の冬季用のみ、先週はまだ使えた中飯場のトイレは鍵が掛っていて、水場は、別当出合と延命水のみでした。

09:15 鍵がかかった別当出合のトイレ

さっ!まだまだ時間が早いので、お昼はお池めぐりの後にすることにして、室堂では休憩せずに、御前峰に向かいます。これまでの登山道もそうでしたが、御前峰へ向かう道もすっかり草木が枯れて見通しが良く、夏や紅葉の時期とは、また違った風景を楽しめるのも良いですね…殆どが工事の様子だったりしますが(笑)

09:20 これまた定番の?室堂と別山
草木が枯れて、夏や紅葉時期とは違った感じも◎

前回同様、御前峰からの景色も抜群!そして白山10回目(別山行も含んでますが:汗)にしてやっと亀を発見!けど何か良く見ると…自分がネットで見た数年前の写真には、こんなイニシャルみたいのあったっけ???と少し微妙な気持ちに…。(というわけで、写真は、トリミングをして亀のどアップになっています)

09:57 御前峰、空気が澄んで素晴らしい青空!
10:00 やっと見つけた亀のレリーフ
10:03 大汝峰と遠くには小松ドーム
10:05 剣ヶ峰、紺屋ヶ池、大汝峰
紺屋ヶ池の色が、なんとも幻想的!

で、やっぱりまだまだお昼には時間が早いので、早速お池めぐりへ!

紺屋ヶ池、翠ヶ池の色はとても幻想的!凍った血ノ池に写る逆さ剣ヶ峰もなかなか良し!千蛇ヶ池は万年雪の下の空洞と氷柱がまるで小さな鍾乳洞のよう!と、千蛇ヶ池から室堂へ近道を通って帰ったので、全てのお池を巡った訳ではないですが、8月の最終週のお池めぐりなどとは、また違った雰囲気が楽しめました!

10:23 剣ヶ峰と紺屋ヶ池
10:27 翠ヶ池
10:32 さらに寄って翠ヶ池
10:53 逆さ剣ヶ峰
11:03 万年雪の下は、ミニチュアの鍾乳洞のよう!
11:07 大汝峰と千蛇ヶ池

そんな訳で、お池めぐりを終えて、なかなか良い時間になったので、お昼です!この日は、快晴&風もそんなに無く、室堂軒下の陰にいても少し肌寒いかなぁといった感じで、最高のサッポロ一番塩らーめんを楽しみ(笑)、帰りはエコーラインで下山しました。

11:47 このらーめんの為に登ってきたのか!?(笑)
12:22 五葉坂から見る弥陀ヶ原のこの景色も今年最後かなぁ…
12:55 エコーラインから見下ろす南竜ヶ馬場
14:52 西日があたる数少ない紅葉が眩しく鮮やか!
14:55 別当出合

そんな訳で、今回も大満足の山行でした。天気予報を見ると、この連休中は天気が悪そうですし、石川県のホームページを見ると11月4日に別当出合吊橋の板が外されるそう…さて、来週の白山は、どうなんだろ?(笑)


最後にコースタイムです。時間は、デジカメの撮影時間を元にしています。(区間の歩行時間/累積の歩行時間/累積の行動時間)

登り
06:31 別当出合
07:04 中飯場(33分/33分/33分)
07:31 別当覗(27分/1時間/1時間)
07:56 甚ノ助避難小屋(25分/1時間25分/1時間25分)
08:15 南竜道分岐(19分/1時間44分/1時間44分)
 休憩 約10分
08:53 黒ボコ岩(28分/2時間12分/2時間22分)
09:14 室堂(21分/2時間33分/2時間43分)
09:57 御前峰(43分/3時間16分/3時間26分)

お池めぐり
 約1時間23分

下り
12:19 室堂
13:04 エコーライン分岐(45分/45分/45分)
13:15 南竜道分岐(11分/56分/56分)
 休憩 約10分
13:37 甚ノ助避難小屋(12分/1時間8分/1時間18分)
13:56 別当覗(19分/1時間27分/1時間37分)
14:19 中飯場(23分/1時間50分/2時間)
 休憩 約10分
14:55 別当出合(26分/2時間16分/2時間36分)